jafic

データから見る高齢者雇用

人材活用に役立つ情報・まとめリンク集

高齢者雇用に関連する法令情報

高齢者雇用に関連する法令情報

老齢厚生年金の受給開始年齢の引き上げ

  • 年金の支給開始年齢は、高齢者の就業意向や生活設計、ひいては企業の高齢者雇用制度づくりに大きく影響しています
  • 厚生年金の加入者のうち条件を満たす人には、65歳から「老齢基礎年金」 と「老齢厚生年金」を受給することができます。老齢厚生年金は従来、60歳から支給されていましたが、平成12年に制度が見直され受給開始年齢が65歳に引き上げられました。ただし、当分の間は、65歳になるまで「特別支給の老齢厚生年金」を受給できることになっています
  • この「特別支給の老齢厚生年金」には「定額部分」と「報酬比例部分」があります。「定額部分」の受給開始年齢の引き上げは、男性の場合は平成25年度に完了しています。「報酬比例部分」の受給開始年齢は、平成25年度に60歳になる男性から、段階的に引き上げられます(*1)
特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢
特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢
グラフを大きく見る

(出所)政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201301/2.html

(*1) いずれも原則。詳細は、日本年金機構HP http://www.nenkin.go.jp/n/www/info/detail.jsp?id=8173 参照のこと
※記載内容は平成27年8月1日現在の情報に基づく