jafic

ガイドラインダウンロード
  • 定年後に働く場合に不安に感じること

    (出所)本事業「アパレル業従事者へのアンケート調査」平成27年2月/ネット調査会社の登録モニターを利用

  • 何歳のときにどのような研修を受講したいか?

    (出所)本事業「アパレル業従事者へのアンケート調査」平成27年2月

  • 現在の職場における60歳以上社員の有無

  • 現在の仕事の満足度「職場の人間関係」が最も割合が高い。次いで「休日・休暇」が続いている

  • 現在の仕事の満足度「職場の人間関係」が最も割合が高い。次いで「休日・休暇」が続いている

  • 現在の会社にいつまで働いていたいか

  • 定年後も仕事をしたい理由「仕事をしている時にやりがいを感じるから」が最も割合が高い

  • 定年後に希望する勤務形態「定年前と比べて、労働日数も、1日あたりの労働時間も少なくしたい」が最も割合が高い

  • 定年後の給与の希望「定年到達時の7~8割程度」が最も割合が高い

  • 現在の会社でのキャリアについて面談・相談・研修の機会「わからない、特にない」が最も割合が高い

高齢者雇用促進とは

社会的なニーズに応えるためだけではなく、少子高齢化の中での人材活性化・競争力強化の手段として高齢者雇用を捉え、
企業の重要なリソースである60歳以降の人材をどのように活用していくかを考えていくことが重要です

データからみる高齢者雇用

今後人材の獲得がますます
厳しくなることが予想されます
企業における高齢者雇用に関する取り組みは、
2013年に高齢者雇用安定法が改正されたこともあり、
急速に見直されてきています。
企業の人材活性化の手段として、
高齢者雇用を捉える必要が出てきています。

詳しくみる

(出所)内閣府 平成26年版 高齢社会白書 平成26年6月 より